バレンタインのインフルエンサーマーケティング事例!SNS企画・施策はキャンペーン内容とキャスティングのおもしろさが成功と失敗を分ける?

2018年の年末年始、2019年の正月など、SNS担当者の方々は、さまざまなイベントやキャンペーンの企画・施策に追われているのではないでしょうか。そうした中で、忘れてはならないイベントのひとつにバレンタインがあります。 今回は、バレンタインに行われた注目のSNSキャンペーンや、インフルエンサーを起用した広告プロモーションの事例の特徴を紹介しつつ、2019年にバレンタインSNSキャンペーンの企画・施策を成功させるために知っておくべき、最新の秘訣をお伝えしていきます。 インターネットはテレビよりも成長株のメディアになりつつある 平成30年7月27日に総務省より発表された「平成29年情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書」によると、テレビの視聴時間が減少傾向(平日159.4分、休日214.0分)にあるのに対し、インターネットの利用時間は平成24年の調査開始以降、一貫して増加傾向(平日100.4分、休日123.0分)にあることがわかりました。特に、平日のインターネット利用時間については、これまでの調査で初めて100分を超えたとのことです。 さらに、スマホの利用率は80.4%と8割を超えてきており、テレビのゴールデンタイムを視聴しながらインターネットをする「ながら視聴」の割合は、平日・休日の全年齢層で10%台後半〜20%台後半、20代にいたっては30%台前半〜最大52%までと高い数値を見せています。 このようなデータを見てもわかるとおり、スマホの普及やTwitter・InstagramなどのSNSの浸透、YouTubeなどの動画アプリによって、インターネットはテレビよりも成長していく可能性を秘めたメディアとなりつつあります。こうした成長株のインターネット市場へダイレクトにアプローチできるのが、インフルエンサーマーケティングの魅力なのです。 事例その①:インフルエンサープロダクションVAZ×森永製菓で話題を呼んだ「友チョコ方程式」SNSキャンペーン! 大手製菓企業である森永製菓と、インフルエンサーマーケティング事業を行うプロダクションVAZがタイアップして、2017年1月10日(火)〜2月14日(火)まで、VAZに所属するインフルエンサー12名が参加し、若年層利用者35万人以上のSNSアプリ「PROF」内で、森永製菓のバレンタインキャンペーン「友チョコ方程式コンテスト」を開催する企画が実施され、話題を呼びました。 バレンタインタイアップの企画では、以下の3つの施策が実施されました。 ①森永製菓のキャンペーン対象商品を使用したバレンタインお菓子作り動画をYouTubeにてプロモーション ②「友チョコ方程式ダンス」をVAZの所属インフルエンサーが踊る短尺動画をTwitterで拡散 ③VAZが主宰する3時間で投稿が消えるSNS「PROF」にて、バレンタインチョコにまつわる写真・動画を募集する「友チョコ方程式コンテスト」を実施し、コンテスト商品を用意 なお、これらの企画には、インフルエンサープロダクションVAZに所属する、10代の中高生に人気の「ねお(Twitterフォロワー数344,895人、Instagramフォロワー数36.4万人)」や双子タレント「りかりこ(Twitterフォロワー数171,706人、Instagramフォロワー数5.1万人)」などの女性インフルエンサーをキャスティングし、若い年齢層がバレンタインで盛り上がるように工夫が凝らされています(※インフルエンサーのフォロワー数は2018年12月現在の数値)。 インフルエンサープロダクションVAZ×森永製菓のSNSキャンペーン事例の結果は? バレンタインで盛り上がる若年層ユーザーの年齢層に合ったインフルエンサーキャスティングを行って、一斉に「友チョコ方程式ダンス」というキャッチーなコンテンツ動画を配信したこともあり、同企画は大きな反響を呼んだようです。 VAZ所属の12名のインフルエンサー達がTwitterにアップロードした動画には概ね数百件の「リツイート」と1,000件〜3,600件程度の「いいね」がつき、動画再生回数もそれぞれ10,000回〜96,000回程度まで伸びました。バレンタインに関するインフルエンサーマーケティングの事例としては、大きく成功したケースといえるでしょう。 事例その②:有名チョコブランド「GODIVA」が協賛した「TOKYO…
Instagram icon inside an iphone
cafeでInstagram用の写真を撮っている女の子

インフルエンサーマーケティングのファッション業界での活用方法とは?日本国内・海外のSNSキャンペーン事例などを元に集客戦略を解説!

InstagramやTwitterなどのSNSで多数のフォロワーを獲得した一般人が、芸能人なみに影響力を持っているケースがあり、これをインフルエンサーと呼びます。それでは、ファッションのジャンルでは、インフルエンサーの存在はマーケティングの世界でどのように活用されているのでしょうか。 今回は、ファッション・アパレル業界のインフルエンサーマーケティングの活用方法を、日本国内・海外のSNSキャンペーン事例などを元にして読み解きつつ、インフルエンサーを広告塔とした集客戦略について詳しく見ていきます。 ファッション・アパレル系ビジネスがSNSでできることは? インフルエンサーマーケティングを活用することで、ファッション・アパレル系ビジネスでできることを見ていく前に、まずはSNSを通じて可能なことを知っておきましょう。ここでは、SNSの中でもファッション・アパレル系に親和性が高いInstagramとTwitterを例にとって見ていきます。 ・Instagramの世界観を統一してwebカタログ化およびECサイト化 Instagramの写真の世界観を統一して投稿することによって、Instagramそのものをwebカタログ化することができます。実際、ファストファッションブランドのUNIQLO(https://www.instagram.com/uniqlo/)をチェックしてみると、投稿のトーン&マナーが整っており、まるでカタログをめくっているような感覚でファッション写真を楽しむことができます。 さらに、Instagramでは商品の写真に直接、ECサイトにリンクさせることで直接購買が可能となるEC機能も実装されているため、InstagramのアカウントそのものをECサイトの代用のように活用することも可能です。 また、24時間で投稿が消去されるInstagramストーリーズでも、1万人以上のフォロワーがいるアカウントの場合は、投稿にリンクを貼り付けることができるようになったため(※2018年12月時点、今後は変更される可能性もあり)、24時間以内の短期的なセールキャンペーンなどにも活用することができるようになっています。 このように、Instagramはファッション・アパレル系ビジネスにとって、非常に強力な販促ツールになっていることを知っておきましょう。 ・Twitterでコミュニケーションを活性化して新しい話題を拡散 Twitterも、ファッション・アパレル系ビジネスにとっては重要なツールです。Instagramと違い、Twitterはテキストによるコミュニケーションツールとしての特性を持っていますので、新商品の情報などを紹介したり、画像や動画を織り交ぜてファッションのイメージが伝わりやすいように工夫して投稿を繰り返したりすることで、ユーザーに新しい話題を提供し、コアなファンを中心に拡散を期待することができます。 ファッション・アパレル系ビジネスでインフルエンサーを起用するメリットとは? それでは、ファッション・アパレル系のビジネスでインフルエンサーを起用することによって、どんなメリットがあるのかを具体的にご紹介していきましょう。 ・インフルエンサーはミレニアル世代から絶大な支持がある ミレニアル世代とは、1980年〜2000年代の初頭に生まれた世代のことを意味します。年齢としては10代の後半〜30代までの若い世代を指しますが、彼ら・彼女らはすでにインターネットが普及した環境の中で育った最初の世代であり、SNSを中心とした情報リテラシーに優れ、トレンドをキャッチする能力が高いです。 インフルエンサーは、テレビに出演する一般的な芸能人とは違い、全世代への認知度よりも、ミレニアル世代を中心としたユーザーからのコアな信用度が高いのが特徴となっています。中には、特定のインフルエンサーが紹介した商品を必ず購入するようなユーザーもいると言われるほどに、絶大な支持を集めているのです。そのため、インフルエンサーを起用することで、ファッション・アパレルブランドの商品も購買に結びつきやすいと言えます。 ・インフルエンサーは消費者の購買意欲の鍵を握っている 2015年〜2016年にOMGによってアメリカで行われたSNS調査では、友人がSNS上で勧めた商品に対する信用度が56%であったことに対して、インフルエンサーが勧めた商品に対する信用度は49%と、友人が勧めた場合とほとんど変わらないくらいの信用度があることがわかっています。 このように、インフルエンサーは消費者の購買意欲の鍵を握っていると大いに考えられることもあり、ファッション・アパレル系のビジネスにインフルエンサーを起用することは、直接購買に結びつく可能性の高い、効果的な施策であると結論づけることができます。 ファッション・アパレルブランドの海外の成功事例①:ZARA ZARAは積極的な従来の広告キャンペーンやマーケティング戦略を展開するよりも、ユーザーそのものにインフルエンサーとなってもらって、口コミ効果による拡散で売り上げを伸ばすという手法を行っているファッション・アパレルブランドです。 現代を生きる人々(リアルピープル)のための服を提供するというコンセプトで行われた「#アイアムデニムキャンペーン」では、インフルエンサーのテス・ローサを紹介した動画コンテンツが35万5,000回以上再生されるなど、大きな反響を呼んでいます。 ファッション・アパレルブランドの海外の成功事例②:H&M H&Mはインフルエンサーマーケティングとして、ファッションブロガーで有名なジュリー・サリニャーナやモデルであるエラ・ヴェルデンを広告塔として起用することを2017年秋から決定して、パートナー契約を結んでいます。 なお、ジュリー・サリニャーナは日頃からH&Mのファッションを愛用しており、Instagramで紹介写真を投稿することで、彼女のファンがまったく同じコーデをH&Mで揃えて「お揃いコーデ」としてInstagram上で楽しむ現象などが起きており、インフルエンサーの影響力をうまく活用したマーケティングを成功させています。 ファッション・アパレルブランドの日本の成功事例①:ZOZOTOWN×吉岡里帆 Instagramのフォロワー数160万人というカリスマインフルエンサー・女優である吉岡里帆が、911のチャリティープロジェクトである「LOVE…
success

【2018年最新版】日本企業が仕掛けたインフルエンサーマーケティングのインスタグラムの成功事例とは?

インスタグラムをはじめとするSNSでフォロワーを多く抱える「インフルエンサー」と呼ばれる有名人・著名人に、商品やサービスのPRを依頼してマーケティングを実施する「インフルエンサーマーケティング」と呼ばれる手法が、現在注目を集めてきています。   今回は、2018年10月現在で日本企業が仕掛けたインフルエンサーマーケティングにおいて、特にインスタグラムで見られた各業界の成功事例を具体的にご紹介しながら、その魅力や効果を解説していきます。   インフルエンサーマーケティングとは?   インフルエンサーマーケティングとは、従来であればタレントが出演するテレビCMを使って行っていたような広告を、インターネット上のSNS内で影響力を持つインフルエンサーと呼ばれる有名人に依頼し、ユーザーに対してPRのアプローチを行う手法です。   これまではテレビの影響力が高かったメディア業界の広告ですが、昨今では10代〜20代を中心にテレビ離れが進んでおり、SNS上で影響力のあるインフルエンサーの発信を熱心にチェックして、最新のトレンドをキャッチする若者が増えてきています。   そのような中、インフルエンサーマーケティングは時代の流れに乗った最新のマーケティング手法として高い効果を発揮します。単純に企業がダイレクトにユーザー向けに発信するCMや広告の人気は落ちるばかりですが、一方で、インフルエンサーが独自の個性を活用してPRするサービスや商品は、インフルエンサーを信頼するユーザーに受け入れられやすい傾向にあるのです。   インフルエンサーマーケティング事例で注目すべきSNSプラットフォームは「インスタグラム」   インフルエンサーマーケティングの事例を語る上で、最も注目すべきSNSはインスタグラムです。インスタグラムで注目される投稿をすることを意味する「インスタ映え」という言葉が2017年頃から急速に流行したことは記憶に新しいでしょう。   また、インスタグラムでは、写真映えを意味する「フォトジェニック」という言葉から派生して、2018年には、動画映えを意味する「ムービージェニック」という新しい言葉も生まれてきています。インスタグラムは写真・動画の両軸でPRができる高い可能性を持ったSNSなのです。   なお、インスタグラムとインフルエンサーマーケティングとの親和性がさらに高まったのは、2018年6月に発表された「ショッピング機能」です。この新機能を使えば、インスタグラムの投稿からダイレクトに商品ページへのリンクを設置することができるようになったため、現在のインスタグラムはECサイトをはじめ、マーケティングに活用できる可能性が格段にアップしたといえるでしょう。   2018年最新版!日本企業が仕掛けたインフルエンサーマーケティングのインスタグラム成功事例を徹底解説   今回は、2018年に日本企業が仕掛けたインフルエンサーマーケティングの成功事例を、最新情報を用いて徹底的に解説していきます。   なお、今回の調査対象は、   …
price

【2018年最新版】インフルエンサーマーケティングの費用相場は?「質」に基づいた費用対効果や単価の考え方とは?

昨今、新しいトレンドとして話題となっているインフルエンサーマーケティングですが、実際の費用相場について詳しく知る人は少ないのではないでしょうか。   また、インフルエンサーマーケティングは単に安ければ良いという類のものではなく、エンゲージメントに至る「質」が重要です。今回は、インフルエンサーマーケティングを仕掛けるうえで知っておきたい費用相場と、エンゲージメントなどの質に基づいた費用対効果や単価の考え方について詳しくお伝えしていきます。   インフルエンサーマーケティングの費用はフォロワー単価制が多い?   インフルエンサーマーケティングを請け負う企業の費用体系については、フォロワー単価制が多い傾向にあります。   ・インフルエンサーマーケティングの費用はフォロワー単価制の固定報酬型が主流   フォロワー単価とは、インフルエンサーが抱えているSNS(インスタグラム、ツイッターなど)のフォロワー数1人あたりに費用が発生するというものです。   そのため、SNSに投稿した結果で発生した効果に対する対価を払う(成果報酬型)のではなく、インフルエンサーの影響力を活用することに対する代金を払う(固定報酬型)ということになります。   インフルエンサーのフォロワー保有数の規模で単価が変動する場合あり、フォロワー1万人以上のマイクロインフルエンサーは単価が上がる傾向   なお、フォロワーの保有数の規模によって、フォロワー単価が変動するケースもあります。たとえば、フォロワー数5,000人程度の場合はフォロワー単価○円、フォロワー数1万人程度の場合はフォロワー単価△円、といった料金プランを設定している企業も見られます。   たとえば、BUSINESS…

【2018年最新版】インスタグラムが集客や宣伝に効果的な理由と、集客で重要な4つのコツとは?

「インスタ映え」といった言葉が2017年流行語にも選ばれた人気のSNS、インスタグラム。そのインスタグラムを用いて集客したいと考えているWEB担当者の方や、経営者の方はたくさんいらっしゃることでしょう。   今回は、インスタグラム集客で知っておきたい4つのコツのご紹介と、インスタグラム集客と非常に親和性の高い「インフルエンサーマーケティング」の活用の仕方や、その相乗効果についてご説明していきます。   圧倒的人気のインスタグラムは集客にぜひとも利用したいSNS   インスタグラムは、具体的にどれくらいの人気を誇っているのでしょうか。以下に、インスタグラム公式サイトおよび日本経済新聞などでも報告されたデータを記載します。 参照:…
Instagram icon inside an iphone

インフルエンサーマーケティングの大事な基礎

インフルエンサーマーケティングは素晴らしいです。企業に代わってインフルエンサーがターゲットにリーチしてくれます。企業がPRを通して実現するのが極めて難しい「第三者視点の口コミ」を実現してくれます。しかし、インフルエンサーマーケティングのポテンシャルを最大限に引き出さない方法で実施している企業さんが多いのも事実です。
スマホを顔の前に持ってきて写真をとっている女性

インフルエンサーになる方法とは?

インフルエンサーやインフルエンサーマーケティングという単語が広く浸透し、ビジネス面だけではなく一般の人たちにも使われる用語となりました。例えば、乃木坂46が「インフルエンサー」という曲を出しています。 そんな中、筆者の個人的な友人に「インフルエンサーになるにはどうすれば良いの?」といったことをよく聞かれるようになりました。
レストランのテラス席で友達に写真を撮られている女性

インスタグラムを活用したインフルエンサーマーケティング入門編

インスタグラムはインフルエンサーマーケティングで最も活用されているSNSの一つです。実際、インスタグラムはまだまだ伸びているSNSであり、日本での月間アクティブユーザー数(MAU)は1600万人を超えています。
上司が社員に売上予測の説明を行なっている図

インフルエンサーマーケティング初心者が知っておくべき6つの事

インフルエンサーマーケティングの登場により、マーケティングの手法が多様化され、PRを行うのに様々な選択肢が存在しています。そんな中、インフルエンサーマーケティングを実施する前に、知っておくべき事があります。