Entries by expausadmin

【2018年最新版】日本企業が仕掛けたインフルエンサーマーケティングのインスタグラムの成功事例とは?

インスタグラムをはじめとするSNSでフォロワーを多く抱える「インフルエンサー」と呼ばれる有名人・著名人に、商品やサービスのPRを依頼してマーケティングを実施する「インフルエンサーマーケティング」と呼ばれる手法が、現在注目を集めてきています。   今回は、2018年10月現在で日本企業が仕掛けたインフルエンサーマーケティングにおいて、特にインスタグラムで見られた各業界の成功事例を具体的にご紹介しながら、その魅力や効果を解説していきます。   インフルエンサーマーケティングとは?   インフルエンサーマーケティングとは、従来であればタレントが出演するテレビCMを使って行っていたような広告を、インターネット上のSNS内で影響力を持つインフルエンサーと呼ばれる有名人に依頼し、ユーザーに対してPRのアプローチを行う手法です。   これまではテレビの影響力が高かったメディア業界の広告ですが、昨今では10代〜20代を中心にテレビ離れが進んでおり、SNS上で影響力のあるインフルエンサーの発信を熱心にチェックして、最新のトレンドをキャッチする若者が増えてきています。   そのような中、インフルエンサーマーケティングは時代の流れに乗った最新のマーケティング手法として高い効果を発揮します。単純に企業がダイレクトにユーザー向けに発信するCMや広告の人気は落ちるばかりですが、一方で、インフルエンサーが独自の個性を活用してPRするサービスや商品は、インフルエンサーを信頼するユーザーに受け入れられやすい傾向にあるのです。   インフルエンサーマーケティング事例で注目すべきSNSプラットフォームは「インスタグラム」   インフルエンサーマーケティングの事例を語る上で、最も注目すべきSNSはインスタグラムです。インスタグラムで注目される投稿をすることを意味する「インスタ映え」という言葉が2017年頃から急速に流行したことは記憶に新しいでしょう。   また、インスタグラムでは、写真映えを意味する「フォトジェニック」という言葉から派生して、2018年には、動画映えを意味する「ムービージェニック」という新しい言葉も生まれてきています。インスタグラムは写真・動画の両軸でPRができる高い可能性を持ったSNSなのです。   なお、インスタグラムとインフルエンサーマーケティングとの親和性がさらに高まったのは、2018年6月に発表された「ショッピング機能」です。この新機能を使えば、インスタグラムの投稿からダイレクトに商品ページへのリンクを設置することができるようになったため、現在のインスタグラムはECサイトをはじめ、マーケティングに活用できる可能性が格段にアップしたといえるでしょう。   2018年最新版!日本企業が仕掛けたインフルエンサーマーケティングのインスタグラム成功事例を徹底解説   今回は、2018年に日本企業が仕掛けたインフルエンサーマーケティングの成功事例を、最新情報を用いて徹底的に解説していきます。   なお、今回の調査対象は、   「#PR」のハッシュタグがついている 「#PR」のページトップに表示されている 1万人以上のフォロワーを持つインフルエンサーがPRしている 1,000件以上の「いいね!」がついている   これらの条件をクリアした事例を、インフルエンサーマーケティングのインスタグラム成功事例と定義してご紹介します。(2018年10月時点)   インフルエンサーマーケティング成功事例その1:「_umetomo_」×「黒モリモリスリムの口コミPR」 https://www.instagram.com/p/BpjncU3ntYX/?utm_source=ig_share_sheet&igshid=147ehza1j0xox   黒モリモリスリムは、累計510万箱以上の販売実績を誇る健康茶「モリモリスリム」のダイエット効果をさらに高めた新製品で、これまでの成分に加えて、プーアル茶やウーロン茶エキスが多く配合されており、毎朝のスッキリお通じをサポートし、美容や健康をキープするお茶として、ダイエッターの間で人気のある商品です。   こちらの黒モリモリスリムを、オルビスユーアンバサダーも務めるインフルエンサーの_umetomo_(フォロワー数9.1万人)が紹介しており、こちらの投稿は調査時点でアップロード後16時間しか経っていませんが、「いいね!」のカウンターはすでに1,200件を超えています。   _umetomo_は、もともと、美容系のPRを中心に活動しているインフルエンサーであるため、日頃から_umetomo_の投稿を閲覧しているユーザーが、美容やダイエットに関心の深い層であることは容易に想像がつきます。ダイエッターの強い味方となる黒モリモリスリムの口コミPRは、インフルエンサーの抱えるユーザー層と親和性の高いものであるため、インフルエンサーとユーザーのマッチしている特性をよく理解したインフルエンサーマーケティングの成功事例であるといえるでしょう。   インフルエンサーマーケティング成功事例その2:「伊東亜梨沙」×「Ploom TECHの商品紹介PR」 https://www.instagram.com/p/BpjjEuEHj17/?utm_source=ig_share_sheet&igshid=2wqictzkqmrc   Ploom TECHとは、日本たばこ産業が開発した、バッテリーと制御回路が一体化した喫煙具のことです。同社が販売するたばこ製品である『フォー・プルーム・テック』を用いて喫煙を楽しむことが出来る商品として、人気を集めているアイテムとなっています。   今回ご紹介する、Ploom TECH アンバサダーを務めるインフルエンサーである伊東亜梨沙(フォロワー数7.7万人)が投稿したPloom TECHのPRは、調査時点でアップロード16時間しか経っていないにもかかわらず、すでに1,800件近い「いいね!」を獲得しており、その注目度の高さがわかります。   こちらの投稿で印象的なのは、インフルエンサーの生活感と、商品紹介のPRが見事にマッチしている点です。今回のPR投稿では、「Ploom […]

【2018年最新版】インフルエンサーマーケティングの費用相場は?「質」に基づいた費用対効果や単価の考え方とは?

昨今、新しいトレンドとして話題となっているインフルエンサーマーケティングですが、実際の費用相場について詳しく知る人は少ないのではないでしょうか。   また、インフルエンサーマーケティングは単に安ければ良いという類のものではなく、エンゲージメントに至る「質」が重要です。今回は、インフルエンサーマーケティングを仕掛けるうえで知っておきたい費用相場と、エンゲージメントなどの質に基づいた費用対効果や単価の考え方について詳しくお伝えしていきます。   インフルエンサーマーケティングの費用はフォロワー単価制が多い?   インフルエンサーマーケティングを請け負う企業の費用体系については、フォロワー単価制が多い傾向にあります。   ・インフルエンサーマーケティングの費用はフォロワー単価制の固定報酬型が主流   フォロワー単価とは、インフルエンサーが抱えているSNS(インスタグラム、ツイッターなど)のフォロワー数1人あたりに費用が発生するというものです。   そのため、SNSに投稿した結果で発生した効果に対する対価を払う(成果報酬型)のではなく、インフルエンサーの影響力を活用することに対する代金を払う(固定報酬型)ということになります。   インフルエンサーのフォロワー保有数の規模で単価が変動する場合あり、フォロワー1万人以上のマイクロインフルエンサーは単価が上がる傾向   なお、フォロワーの保有数の規模によって、フォロワー単価が変動するケースもあります。たとえば、フォロワー数5,000人程度の場合はフォロワー単価○円、フォロワー数1万人程度の場合はフォロワー単価△円、といった料金プランを設定している企業も見られます。   たとえば、BUSINESS INSIDERの記事によれば、   インスタグラマー1案件あたりの平均報酬:1万5,597円 フォロワー5,000人〜9,999人の1案件あたりの平均報酬:9,605円 フォロワー1万人〜1万4,999人の1案件あたりの平均報酬:1万9,193円 フォロワー1万5千人〜1万9,999人の1案件あたりの平均報酬:1万9,291円   となっており、フォロワー5,000人〜9,999人と、フォロワー1万人〜1万4,999人の1案件あたりの平均報酬の差は、実に2倍近くになっていることがわかります。   一方で、フォロワー1万人〜1万4,999人と、フォロワー1万5千人〜1万9,999人の1案件あたりの平均報酬の差はほとんどありません。これは、フォロワー1万人以上のいわゆるマイクロインフルエンサーと呼ばれる層の市場価値の高さを表しているわかりやすいデータであると言えます。   フォロワー単価以外に、ディレクション・クリエイティブ費用も要チェック   その他、インフルエンサーのディレクション費用や、インフルエンサーがPRで投稿するインスタグラムのストーリー動画や投稿用画像を加工するクリエイティブ費用が別途発生するケースや、料金に込みとなっているケースもあるので、料金プランを確認する際には参考にしてください。   インフルエンサーマーケティングの費用相場とは?   インフルエンサーマーケティングの費用内訳のメインが、インフルエンサーのフォロワー単価であることは理解いただけたかと思いますが、ここで、インフルエンサーマーケティングの具体的な費用相場について、詳しくみていきましょう。   企業によって料金が異なるため、およその数値とはなりますが、前出のBUSINESS INSIDERの記事を参考にすると、以下のようになります。   平均費用:1フォロワーあたり平均3円程度   上記のとおりで計算すれば、インフルエンサーと直でのやりとりであった場合、1万人のフォロワーがいるインフルエンサーに依頼した場合は1案件3万円程度、1万人のフォロワーがいるインフルエンサーを100人集めた場合は300万円程度の金額となるということです。   ただ、昨今ではWoomy castingのような、1フォロワー0.1円という驚くべき低価格でインフルエンサーの起用を行うサービスも登場してきています。その一方で、2018年10月に配信されたDIGIDAYの海外ニュース記事では、代理店が関わるインフルエンサーマーケティング案件は1フォロワーの単価が通常の3倍以上になるケースもあると報じられています。   現在、インフルエンサーマーケティングの費用相場は、高騰と価格破壊の双方が進む、まさにスクラップアンドビルドの状態だといえるでしょう。   インフルエンサーマーケティングの費用対効果をどう考える?重要なのはキャスティングの低価格さよりも、反響をもたらすPRの「質」   先ほどお伝えしたとおり、インフルエンサーマーケティングの費用相場は0.1円〜4円、場合によっては3倍以上に高騰するケースもあり、非常に変動が激しいものであることがお分かりいただけたと思います。   それでは、インフルエンサーマーケティングを費用相場に合わせて選ぶ場合、安ければ安いほど良いということになるのでしょうか? […]

【2018年最新版】インスタグラムが集客や宣伝に効果的な理由と、集客で重要な4つのコツとは?

「インスタ映え」といった言葉が2017年流行語にも選ばれた人気のSNS、インスタグラム。そのインスタグラムを用いて集客したいと考えているWEB担当者の方や、経営者の方はたくさんいらっしゃることでしょう。   今回は、インスタグラム集客で知っておきたい4つのコツのご紹介と、インスタグラム集客と非常に親和性の高い「インフルエンサーマーケティング」の活用の仕方や、その相乗効果についてご説明していきます。   圧倒的人気のインスタグラムは集客にぜひとも利用したいSNS   インスタグラムは、具体的にどれくらいの人気を誇っているのでしょうか。以下に、インスタグラム公式サイトおよび日本経済新聞などでも報告されたデータを記載します。 参照: https://blog.comnico.jp/we-love-social/sns-users#SNS1   月間アクティブユーザー数:10億人以上   このように、インスタグラムは世界的に圧倒的なアクティブユーザー数を抱えており、国内でも2,000万人以上(日本人の6人に1人が利用)しているプラットフォームなのです。また、広告主が100万社を超えていることからもわかるように、集客などのビジネス活用も頻繁に行われています。   インスタグラムが集客や宣伝に効果的な理由とは?   ここで、インスタグラムが集客や宣伝に効果的な理由をお伝えしていきます。   写真や動画による直感的な表現がユーザーのダイレクトなレスポンスにつながる   インスタグラムの最大の特徴は、そのフォトジェニックで色彩豊かな写真によってユーザーを感動させたり、ムービージェニックな動画によってユーザーを驚かせたり興味を引かせたりすることができる点です。   主にテキストがメインで投稿されるTwitterのようなSNSに比べて、インスタグラムは視覚から訴えかけることができるため、直感的な表現を行うことができ、来店やサービス利用などのダイレクトなレスポンスにも繋がりやすくなるのです。   ハッシュタグの活用によってアカウントを超えた横断的な集客が期待できる   インスタグラムの特徴のひとつとして、ハッシュタグがあります。なお、インスタグラムの投稿では最大30個までハッシュタグをつけることができます。   PRで訴求したい商品やサービスに関心がありそうなユーザーが検索する可能性のあるキーワードをハッシュタグにすることで、フォローされているアカウント以外のユーザーにも、横断的にアプローチすることが可能です。インスタグラムで集客を行う場合には、ハッシュタグの活用は必須であるといえるでしょう。   インスタグラムのハッシュタグ検索はGoogle検索より利用されている世代もある   インスタグラムのハッシュタグ検索の信頼度は年々上がってきており、10代の若い世代では、Googleなどの検索よりもインスタグラムやツイッターなどのSNS検索の使用頻度の方が高いというデータも出ています。30代前後ではまだまだGoogle検索が主流となっていますが、今後はSNSによる検索流入のトラフィックがさらに上がっていくことは容易に想像できます。WEB施策としての集客を考える際にも、SEO(検索エンジン最適化)だけでなく、SNSの最適化も視野に入れていくべき時代になってきているのです。   インスタグラムを活用した集客を行う際に重要な4つのコツ   ここで、インスタグラムを活用した集客で知っておきたい、重要な4つのコツをまとめました。   インスタグラム集客のコツ① 集客したいターゲットのインサイトをついた写真・動画に投稿のトンマナを合わせる   集客したいターゲットのインサイトをつくような写真・動画に、投稿のトンマナを合わせるようにしましょう。統一感のない投稿は、ターゲットとなるユーザーの閲覧する意欲を削いでしまいます。   投稿のトンマナで参考になるのは、ファッションブランドなどです。たとえば、ファストファッション最大手のUNIQLO(ユニクロ)の投稿を見ると、以下のとおり、色合いのトンマナが、季節に合わせて秋色になっていることがわかります。     一方、無印良品では以下のとおり、どの季節でも常に白地の背景で商品を紹介してり、時折キャッチコピーを載せるといったトンマナで統一をしています。カタログ的な見え方を重視しているといえるでしょう。     このように、ターゲットとなるユーザーに統一感のある写真・動画の投稿を閲覧させることによって、インスタグラムでの滞在時間を伸ばし、集客や購買につなげることができます。   インスタグラム集客のコツ② ハッシュタグを有効活用して関連性の高いキーワードを複数組み合わせて投稿する   ハッシュタグの有効性については、前項でも説明したとおりですが、最大30個つけることができるとはいえ、関連性のないキーワードのハッシュタグを羅列しても、インスタグラムでの集客効果は見込めません。   重要なのは、関連性の高いハッシュタグを知るためには、競合他社の商品投稿を参考にしたり、「ハシュレコ」のような関連ハッシュタグキーワード検索ツールを活用したりすると、効率的にキーワード調査を行うことができるでしょう。 […]

インフルエンサーマーケティングの大事な基礎

インフルエンサーマーケティングは素晴らしいです。企業に代わってインフルエンサーがターゲットにリーチしてくれます。企業がPRを通して実現するのが極めて難しい「第三者視点の口コミ」を実現してくれます。しかし、インフルエンサーマーケティングのポテンシャルを最大限に引き出さない方法で実施している企業さんが多いのも事実です。

インフルエンサーになる方法とは?

インフルエンサーやインフルエンサーマーケティングという単語が広く浸透し、ビジネス面だけではなく一般の人たちにも使われる用語となりました。例えば、乃木坂46が「インフルエンサー」という曲を出しています。 そんな中、筆者の個人的な友人に「インフルエンサーになるにはどうすれば良いの?」といったことをよく聞かれるようになりました。

インフルエンサーに影響力はないのか?

「インフルエンサーに影響力はないのか?」

結論から言いますと、そんな事はありません。インフルエンサーに影響力はあります。正直、インフルエンサーに限らず、大なり小なり誰にでも影響力はあります。しかし、影響力の度合いが人によって異なるのです。なぜ「インフルエンサーに影響力がない」と思われてしまうのか。その理由はインフルエンサーへの過度な期待が原因です。

目的別にキャスティングするべきインフルエンサーとは?

インフルエンサーマーケティングという単語は日々浸透しているかと思います。実際、様々なチャネルでインフルエンサーマーケティングの施策を見かけます。しかし、インフルエンサーのキャスティングが目的にマッチしていないケースも、多く見かけます。意外と知られていない事もありますが、インフルエンサーにも様々なタイプがあり、目的別に適切なインフルエンサーをキャステイングすることで、より一層効果に繋げることが可能です。